たろログ2

実験的運用により、記事品質が乱高下することがあります。予めご了承ください。

「坂の上の雲」読書記録

明治の人の生き方、考え方

一言でいうなら、「温故知新」の本だった。

今の自分が常識としている考え方とは異なる考え方がガンガン出てきた。

一番大きかったのは、「自分を犠牲にする」「自分の人生を国のために使う」ような生き方をする人が多かったこと。

またマネジメントにおいては、「部下に一切を任せ、自分はいざというとき腹を切る」という振る舞いをする大山大将のような手法が非常に斬新だった。西郷隆盛にも通ずる、薩摩の人間の大将像だと司馬遼太郎は説明していた。

難しい

内容が非常に難しかった。また、ところによってはそのために退屈だった。結構流し読みした。

特に、バルチック艦隊の航海についての記述は非常に退屈で、難しく、長かった。

バルチック艦隊を日本帝国海軍が破るという描写を早く読みたかったので、登場人物と同様、自分も早くバルチック艦隊日本海に着いてほしいと思った

辛い

旅順攻城戦は本当に辛かった。伊地知参謀長や乃木大将を責めて気を紛らわすこともできるにはできるが、もう終わったことであり、そうしたところで仕方がない。ただ、無為に死んでいく日本兵が辛かった。

あっけなく

あれほど楽しみにしたバルチック艦隊と統合艦隊の戦いだったが、その内容はあっけなく終わった。この内容は 8巻で描かれたのだが、 8巻は夢中で一気読みしてしまったのでそう感じたのかもしれない。

夢中になってしまったことによる怖さ

正直夢中で読んでしまった。

またやはり日本を応援し、日本兵の死を悲しみ、日本兵の進軍を喜び、ロシア兵の兵力が失われることを喜んでしまったところがあった。

完全に日本人としての立場で読んでしまう。そこに少し恐ろしさを感じてしまった。

司馬遼太郎の文章力は凄まじく、引き込まれ夢中になってしまったが、国粋主義に陥ってしまう危険を感じた。司馬遼太郎がその意図を持っているかどうかはわからないが、勝手にそうなってしまうような気がした。

今回の日露戦争は「祖国戦争」として描かれており、言うなれば各国が行った「民主革命」や「独立戦争」の内容と近く、ナショナリズムを煽るのは性格的に当然なのかもしれない。

坂の上の雲」の文章内においても、司馬遼太郎は度々その後の太平洋戦争への批判を述べていた。日露戦争の性格と比較する形でよく記述されていた。

その後の日中戦争韓国併合、太平洋戦争についての書籍も同様に読んでみようと思う。また、日露戦争においてはその後反省が行われなかったため、太平洋戦争で無謀な戦争を日本が引き起こしてしまったと司馬遼太郎は考えていた。太平洋戦争について、敗因を分析する書籍はあったと思うので、それを読んでみたい。

月に一度とか、四ヶ月に一度とか、半年に一度とかのペースで、使うツールを変えてみるというのもいいかもしれない

月に一度とか、四ヶ月に一度とか、半年に一度とかのペースで、使うツールを変えてみるというのもいいかもしれない。ひとつのツールの使い方に習熟するよりもいいかも。

端末も、4半期に一度 WindowsUbuntuMac と切り替えてみるとかね。そうすれば、複数端末所有してるメリットが見えてくるかもしれない。4で割ると一つ余るので、もうひとつ別の Linux 端末を試してみるのもいいかも。

2022-12-03 Google Docs から HackMD に移行した

ドキュメンテーションツールの履歴

2年ほど前までは HackMD を使っていて、その後 esa に移動、そして、半年ほど前から esa を解約して Google Document を使っていた。

HackMD

無料で使える Markdown エディタというのがよかった。

esa

HackMD などに日記を書いていたが、仕事のことなども書くことになる。

無料の得体のしれないサービスに会社のことを書くのもなということで、esa に移動した。

Qiitadon の @7of9 という人の影響もあった。

Google Docs

会社でも日記を書くようになり、会社のことは会社の日記に書くようになったため、 esa を利用する理由がなくなった。でも、便利なので使っていた。

会社では Google Document で日記を書いていた。

これが便利だったので、自宅での日記も Google Document で書くようになった。

特に、@today のマクロで日時情報を入力できたり、 https://docs.new の URL で新規ドキュメントを作成できたりするのが個人的に非常に気に入っていた。ドキュメントを新規に作成するハードルが低くていい。

esa は使わなくなったので解約した。

HackMD

Google Document は、はてなブログへの投稿が非常に難しかった。

何より、画像の扱いがよくない。

markdown にコンバートしてくれる拡張を用いているのだが、画像は手動で取得する必要がある。

そして、これがコピペできない。

はてなブログに投稿するために、わざわざ画像を取得し直したり、 HTML の zip としてダウンロードして解凍し、それをはてなブログにアップロードする必要がある。

書いてすぐ投稿できるインターフェースが欲しかったので、 HackMD に戻ってきた。

Notion

これを書きながら、 Markdown は表形式のデータに弱いのだよなということを思い出した。

Notion を試しに利用してみようと思う。

2022-12-03 学習記録をつける時間を確保するのをやめてみる

まえがき

今まで、仕事終わりの生活はこんな感じだった。

今日は、自然と以下のような形となった。

めちゃくちゃ仕事内容の深堀りに時間費やしているのは我ながら狂ってるなと思いつつ。

日課としての「学習記録」

今まで、「学習記録をつける」という時間を別途確保していた。ただ、実際にはあまり活用されることはなかった。

今日仕事の内容深堀りをしている時間に、自然とその内容の学習記録もつけていたのだけれど、この方式がいいなと思った。

日課、習慣づけ、日々安定した生活。 そういったものを重要視し、実際望む生活は得られた一方で、なんかフットワークが重くなっている気がする。

「学習記録」をつける時間を、明示的に確保しないことにした

明日の予定。まだ日記のあとは考えていないが。

「学習記録をつける」という時間は確保せず、各タスクの終わりに記録をつけることにする。

最近早寝しないと寝坊してしまうということもないし、ちょうど部屋も寒くなって寝付きにくく、寝るのも遅くなっている。

夜は好きなだけ学習に時間を割いて、やることなくなって眠たくなったら寝るという生活をしてみようと思う。もし睡眠不足になったとしても、どうせ昼寝で調節ができるし。

再頒布可能パッケージとは何なのか知りたい

まえがき

VC15, VC16 について調べていたところ、再頒布可能パッケージという用語が出てきた。

今まで何も知らずに使っていたなということで調べた。

再頒布可能パッケージ

Microsoft Visual Studio C++ で開発されたアプリケーションを、 Visual Studio なしに、コンピュータ上で実行できるようにするライブラリ。

x86 と x64 のバージョンがある。

今は一つインストールするだけで、 2015/2017/2019 のすべてのランタイムが一括インストールされる便利なものがあるらしい。

NSClient++

NSClient++ は、 Windows Visual Studio 上で開発されていると考えられる。

GitHub - mickem/nscp: NSClient++

やはりそのようだ。エントリーポイントは以下のファイルみたい。

nscp/service/NSClient++.cpp

Windows Visual Studio 上で開発、ビルドされているために、 exe ファイルとして提供されているアプリケーションを利用するためには前提として、再頒布可能パッケージのインストールが必要となる。

Windows の VC15, VC16 っていうのが何か知りたい

VC

Microsoft Visual C++」のこと。頭文字をとって VC と呼ばれるそうだ。

基本的に Visual Studio で開発されるアプリケーションのよう。つまり、 VC15, VC16 はそれぞれのバージョンの Visual Studio 上でビルドされたアプリケーションということ。

Visual Studio 2019 version 16.0 Release Notes | Microsoft Learn

Visual Studio 2019 version 16.0 とかあるので、おそらく 16 はこの 16だろうと思う。

きっかけ

Windows 版の PHP (zip ファイル形式で提供されているもの) のインストール作業を行っていたところ、 zip ファイルにそれぞれ VC14, VC15, VC16 というバリエーションがあることがわかった。

また、拡張ファイルも同様に、VC14, VC15, VC16 というバリエーションがあり、ここを一致させないとうまく拡張ファイルが読み込まれなかったりした。

この「VC15、VC16」などが何なのか気になったので調べた。

朝寝坊しないようにアラームを設定したい

今、面白いことをしている。

アラームに、「今日はシチューを作る必要があります」と書いておく。

こんな感じ。

すると、寝ぼけなまこで目覚めたときに「あ、今日寝過ごしたら朝飯作る時間なくなって、適当に済ませて会社行かないといけなくなるな」と思って、「起きよう」という気持ちになる。

前提として、朝は毎日食事を作っている。寝坊して時間がないときは晩御飯として買い置きしているコーンフレークを食べたり、コンビニでおにぎりを買って会社で食べたりするのだけれど、これをすると非常に虚しく、悲しい気分になる。

「今日はシチューを作る必要があります」というアラームの名前が寝起きの自分にそれを思い出させることによって、「起きよう」という意思を得ることができる。